未成年でも利用できるローン

Author: admin

最近は不況ということもあって、親の経済状況が厳しいために十分な仕送りを受け取ることができない学生が増えてきています。そのような場合によく利用されるのが奨学金制度ですが、それ以外に消費者金融の学生ローンを利用しているという学生も数多くいます。
学生ローンは奨学金ほどまとまったお金を借りる事はできませんが、複雑な手続きなどが必要なく、ある一定の条件を満たして審査に通過することができれば、申し込みから1時間以内で即時に融資を受けることができます。限度額は10万円から50万程度のところが多いですが、お金が必要なときにすぐに融資を受けられるというのが学生ローンの大きな特徴の一つとなっています。
また、借金したことを例え親であっても知られたくないという人もいるでしょうが、学生ローンは利用したことが保護者にも知られることがないというのも特徴の一つです。申し込みの際には学生証などの身分証が必要なだけで、気軽に借りることができます。
学生ローンは使い道に制限がないというのも特徴です。奨学金の場合は融資を受けたお金の使い道は基本的に学業に関することや一人暮らしのための家賃などにしか使うことができませんが、学生ローンは自由に使うことができます。学費や教科書代・参考書代として使っても良いですし、旅行費用やクルマの免許取得費用、デート費用として使ってもまったく問題ありません。
ただし、学生ローンにも審査があり、審査に通過しなければ融資を受けることはできません。学生ローンは融資限度額も低いため審査基準も一般的なローンと比べると甘めに設定されていますが、基本的には一定の収入(アルバイト収入)のある学生というのが基準となります。ただし、ある程度の収入があっても別の消費者金融などから多額の借入がある場合などは審査に通りにくくなってしまうので注意が必要です。
忘れてはいけないのは、学生の本分は学業であるということです。返済能力を超えるような借金をしてしまうと返済のためにアルバイトに追われてしまい、肝心な学業が疎かになってしまうことがよくあります。くれぐれも借りすぎには注意しましょう。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>