何を審査されるのか

Author: admin

消費者金融などで借金を申し込む場合には審査が行われ、その審査に通過しないとお金を借りることができません。では、金融機関では借主のどのような点を見て、貸し出しを行うかどうかの判断をしているのでしょうか。
審査内容には大きく分けて「属性情報」と「信用情報」があります。属性情報とは借主の現在の属している生活環境についての情報や収入に関する情報のことで、具体的には「年齢」「性別」「職業」「収入」などです。こういった属性にはポイントが割り振られていて、たとえば年齢では若すぎたり齢を取り過ぎていたりするとポイントが低くなり、働き盛りの30代・40代の人はポイントが高くなります。また、職業に関して言えば離職率の低い公務員などの職業はポイントが固くなりますが、一方で離職率の高いタクシードライバーや水商売、パチンコ店店員などはポイントが低くなります。
収入についてはもちろん収入が多いほどポイントが高くなりますが、安定度の問題で自営業の人は収入が多くてもポイントが低くなる傾向になります。一方で大手企業などの安定企業に勤務する人はポイントが高くなります。また総量規制の制度により、どんなに収入があってもすでに年収の3分の1に当たる金額を借り入れている時には、それ以上借金をすることはできません。
次に信用情報ですが、信用情報とは現在の借入状況や返済状況に関する情報を意味します。安定した収入があっても、すでに複数の業者から借り入れをしている場合には返済能力が不足していると判断されるため審査に通りにくくなってしまいます。もし多重債務をしている場合は一本化するなどして債務を整理したほうが良いでしょう。
この「属性情報」と「信用情報」のポイントによって消費者金融は貸出を行うかどうかを判断します。ちなみに、このような審査内容は消費者金融であっても銀行であっても変わりません。銀行のほうが審査が厳しいといわれるのは審査基準が高めに設定されているということであり、審査項目が多いということではありません。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>