消費者金融とローンの違い

Author: admin

私たちがお金を借りようと思った時、ほとんどの人は銀行や信販会社のクレジットカードローン、消費者金融を利用することになります。ところで、銀行や信販会社などのローンと消費者金融には明確な違いというものがあるのでしょうか。
以前は、銀行ローンと消費者金融にはある程度明確な違いがあり、銀行のローンというと住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなどの目的ローンが主流でした。こういったローンは使途が制限されるローンであり、住宅ローンで融資されたお金は住宅関連の支出にしか使うことができませんし、教育ローンとして融資されたお金は教育関連にしか使うことができません。
融資を受ける際の審査も消費者金融などの一般的なローンと比べると厳しく、ある程度借り手を選ぶことがありますが、その分貸出金利が低く設定されたり貸し出し限度額が大きかったりといったメリットもあります。
一方、消費者金融は比較的貸出時の審査が甘く、多くの人が利用しやすくなっているのが特徴です。審査が甘い分、銀行よりも貸出金利が高めに設定されていたり、貸し出し限度額が低く抑えられてしまうということがありますが、オンラインですべての手続きを行うことができたり、返済方法が豊富だったりというメリットもたくさんあります。
このように、以前は消費者金融と銀行ローンには明確な違いがありましたが、現在ではその差はほとんどなくなってきていると言って良いでしょう。というのも、貸金業法の改正によって消費者金融と銀行が合併したり提携したりということが頻繁に行われるようになり、消費者金融と銀行の業務の違いがなくなってきているからです。最近は銀行でもフリーローンと呼ばれる使途が自由に選べるローンも登場してきています。従来の銀行のローン(住宅ローンなど)では融資を受ける時に担保や保証人が必要でしたが、フリーローンではそのような必要もなく、消費者金融のサービスとほぼ同じようになってきていると言えます。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>